タダリスの先進性と使いやすさ

世の中に新しいタイプの医薬品が登場すると、同じ症状に効く医薬品がいくつか開発される事があります。
利用者としては、後になって開発された医薬品には、より優れた機能を持っている事を期待するでしょう。
例えばED治療薬に関しても、バイアグラの登場以来、レビトラやシアリスという治療薬が開発されていますが、それぞれに進化したED治療薬としての特徴を備えています。
レビトラは即効性が高い事が有名で、服用から最短で20分で効果が現れるとされています。
では、シアリスはどの様な特徴を持っているのかというと、まず持続時間の長さが挙げられるでしょう。
バイアグラやレビトラの持続時間が最長5時間程度であるのに対して、シアリスは最長で36時間も効果が持続します。
この事から1錠の服用で週末の間は効果を実感出来る「ウィークエンド・ピル」という愛称すら与えられています。
またこの他にも、利き方がマイルドなので自然なセックスを行いやすいといった特徴も備えています。
さて、シアリスには安価なジェネリック版が存在していて、日本の個人輸入代行業者でも人気商品となっています。
タダリスもシアリスのジェネリック版として人気のある商品です。
効果はシアリスと殆ど同じで、長時間効果が持続して利き方もマイルドなものになっています。
シアリス系と呼ばれるED治療薬はタダラフィルという薬品を主成分としています。
タダラフィルは、バイアグラのシルデナフィルと同様に、PDE5という酵素の働きを抑える効果を持っています。
PDE5はcGMPという神経伝達物質を破壊する働きを持っている酵素で、勃起を収束させる酵素として知られています。
cGMPというのは、陰茎海綿体に血流が流れ込みやすくする物質です。
男性機能が正常な状態だとcGMPが勃起を促進させ、PDE5が勃起を収束させるというバランスを保っているのですが、加齢によってcGMP5の分泌が減少してしまうとPDE5のバランスが崩れ、EDの原因となるのです。
そこで、シルデナフィルやタダラフィルはPDE5の働きを阻害して、cGMPの働きを助けます。
これにより勃起が起こりやすくなりEDの症状改善に繋がるのです。
タダリスの主成分であるタダラフィルは、PDE5の中でも特に勃起の障害となるPDE5の働きを選択的に抑える様に作られており、ここにもED治療薬としての進化が見られます。
さて、シアリス系のED治療薬であるタダリスが週末を楽しむのに最適である事は、先に述べた通りですが、それには持続時間の長さに加えてマイルドな使い心地が一役買っている様です。
というのは、性的興奮を覚えた時にのみ勃起を補助するED治療薬といえど、勃起を起こりやすくする力はかなり強いので、長い持続時間と効果の強さが併存していては四六時中ビンビンという状態にもなりかねません。
デートを楽しんでいる時、昨夜のセックスを思い出す度に強い勃起を起こしてしまっては、デートの雰囲気を楽しめなくなるのではないでしょうか。
ですが、利き方がマイルドなタダリスなら、上記の様な場面でもじんわりと勃起する程度で済むのでデートに集中出来ます。
この様な使い勝手の良さは、まさにED治療薬の進化版と呼ぶにふさわしいものと言えるでしょう。

Comments are closed.